最近話題のAIスピーカーをまとめてみた

      2017/10/23

ハイ皆さんこんちわわ

 

‹b› ‹/b›

 

ライジョイです。

 

本日は最近話題のAIスピーカーをまとめてみたした

 

そもそもAIスピーカーってなんなの?

はい、AIスピーカーとは簡潔に言うと人工知能搭載(AI)のスピーカーのことです。そのまんまですねw

もう少しかみ砕いてみると、

Wi-FiやBluetoothを通して周辺機器とつなげ、音声機能を通してエアコンやスピーカーなどの家電のコントロール、ピザなどの出前をとる、はたまた一声かけるだけでAmazonなどでお買い物ができちゃう!

といったものです!なんと便利!!!

そしてそういった商品を各界の企業が様々な商品を出しているんです。それを総称して「AIスピーカー」といいます。

 

どういった企業がどんなものをだしてるの?

AIスピーカーの主力は主に以下の4社から

 

Amazon

Googleからは

Appleからは「Home Pod」、

LINEからは「WAVE」、

 

といった各界の大物が参入してきてる市場なんですね。

これは期待できそう!!!

 

そしてこの5社から全6種類の商品出てます。

 

 

Amazon 「Amazon Echo」、「Echo Dot」、「Amazon Tap」

はい、Amazonからは全3種出てます。複数個だしてるのはAmazonだけですね。

まず特徴から上げると

「Alexa」という人工知能が搭載されています。Siriのようなものですね。

しかしAmazonの目指す姿はSiriとは違い、「生活空間に設置できる」といった姿を目指しています。

要するに、音楽の再生はもちろん、ニュース・Kindle書籍の読み上げ、はたまたスポーツのスコアや天気情報、ピザの出前やAmazonから注文もできちゃうものなんです

将来的には ネットにつないである家電はすべて「Alexa」から操作可能 という姿を目指しています。

 

残念ながら日本での発売は未定です。(そろそろ発表といった噂もあります)

 

 

続いてサイズと気になるお値段ですが

「Amazon Echo」 直径約8㎝ 高さ23.5㎝ 重さ1045g 約2万1200円

Amazon echo

直径約8㎝ 高さ23.5㎝ 重さ1045g 約2万1200円

「Echo」は先ほど書いた生活空間に設置するというAmazonの目指すべき姿と体現したようなもので据え置き型です。

 

 

「Echo Dot」

アマゾン・エコー

直径約8㎝ 高さ3㎝ 重さ163g 約6000円

「Dot」はEchoのスピーカー機能を最小限に抑えて、外部スピーカーと接続できるモデルでAmazon Primeの会員限定で数量限定販売です。

 

「Amazon Tap」

アマゾン・タップ

直径約6.5㎝ 高さ16㎝ 重さ470g 約1万6000円

「Tap」文字通りタップすることでオン・オフが可能で、持ち運びに適したものであり連続9時間の使用が可能です。

 

Google 「Google home」

Googleからは Google home の参戦です。

特徴は

Google AssistantというAIが搭載されており、ユーザーと会話を繰り返すことで学習を行いそのユーザーの行動パターンなどを理解を深め、徐々にユーザーの求める最適な行動をとるようになります。

詳しく書くと、音楽の再生やスケジュールの管理などが可能です。

またGoogleは独自で様々なサービスに対応しています。

  • YouTube
  • YouTube Music
  • Spotify
  • Pandra
  • Google Play Music
  • Netflix

これらは他の商品では対応していないのでこれらを楽しみたい場合は Google home 一択ですね。

 

こちらは日本語版発売決定です!

 

気になるお値段もお手頃で約1万4000円です。

 

Appleからは「Home Pod」

皆さん大好きAppleですね。そんな私はxperiaを使っていますが・・・

特徴は

皆さんのよく知っているSiriが搭載されており、持ち主の居場所を把握することにより部屋の隅でも没入感のある空間感覚を作り出してくれます。

またHomePodにはA8チップが搭載されておりSiriを呼び出せると、簡単なコントロールができます。それに、HomePod端末上部にタッチパネルが装備されて、ちょっとタップして、音量調節、再生停止などの操作ができます。

どちらかというとHomePodはAIというよりスピーカーに近い感じですね。

 

Appleによると発売は12月です。お値段は少々高め$349(約4万2000円)

 

LINEからは「WAVE」

続いては皆さん愛用中、LINEからです。

こちらはまだ詳しく判明しておらず先行体験版での様子なのであしからず

先行体験版の機能は音楽関連に絞られていますが、天気や時間の確認、アラームのセットなど基本的なことは行えます。ただし、経路検索やニュースの確認・読み上げなど複雑なことはまだできません。

セットアップは非常に簡単でアプリをインストールし、ちょこっとの設定で使用可能です。また使用するにはLINEのアカウントが必須です。

秋に発売予定!!

 

価格は1万5000円!!

 

結論

いろんな大手からの参入で激戦ですね。

僕がこの中で気に入ったのはGoogle Homeですかね。

お値段もお手頃でガチで買おうか迷ってるところですw

もし購入したらレビューしますね!

 

 

 

 

オーストラリアに完勝!大迫のポストプレーに惚れ惚れ(〃▽〃)

 - 商品レビュー , , , , , ,