実は100万人に1人だった!?左利きAB型の僕の希少さ!耳動かせます!

   

っはい!ということでライジョイでーす。

 

 

せんじつこんな記事を書きました。

左利きAB型100人に1人確率1%!性格の特徴は?羨ましいじゃ済まされない苦悩も!?

皆さん見てくれましたか?

 

この記事を見てくれた方は、いかに左利きAB型がこの世の中生きづらいか理解してくれましたか?

 

これぐらいの苦労なら左利きAB型の珍しさのほうが欲しい!

 

って方は1発殴らせてください。

気にしはじめちゃうと気になって気になって嫌になってきます。

 

そんな100人に1人、1%の確率と先ほどの記事では言ってましたが、

実は僕、100万人に1人の人物でした!

 

なんのカテゴリーで100万人に1人かというと・・・

・左利きAB型(100人に1人)

・耳を片耳ずつ動かせる(1万人に1人)

=100×1万

100万人に1人!

 

まさかの合わせ技!

 

でも100万人に1人っていうのは事実だからな!

 

耳を動かすには?

これができる人、いますよね。耳動かせる人。

僕、動かせちゃう人なんです。

 

小学校の頃は

 

カツラだ~~!!!

 

ってよく言われました。

小学生ながらカツラといわれるのは少し抵抗がありました。。。

 

って話はどうでもよくて、

耳動かせる人自体は結構いるんです。

 

でも!片耳だけを動かせる人っていうのはなかなかいないらしいんですよ。

その割合なんと1万人に1人。

 

でもなんで耳動かせる人と動かせない人がいるの?と思いますよね。

その理由がこちら

 

耳を動かせる人の秘密は耳介筋にあった!?

らしいです。

耳介筋(じかいきん)とは耳にある筋肉のことで現代の人間には必要のない筋肉らしいです。

なので耳を動かすことができないという人はこの耳介筋が退化しているということです。

 

あれ?でも昔の人は動かせて今の人は動かせないって捉え方によってはそれは進化なんじゃないか?

と思いません?

 

ヒト的には進化してて筋肉の面では退化ってことでいいのかな?

そもそも1つの筋肉が必要なくなったは進化と呼べるものなのだろうか・・・

っていうところですよね。

 

進化の定義を調べたところ

”生体のゲノム(遺伝子全体)が何世代にもわたって変化し、その結果として現れる形質が選択を受け、別の種や系統に変化すること”

らしいので筋肉1つの動きでは進化とは呼べないらしいですね。

 

耳動かせない奴は退化してるんだ!ワハハハハハハハ!

 

まとめ

こんな無理矢理な100万人に1人でも驚いてくれる方がいれば幸いです。(笑)

こんな簡単に100万人に1人ってなると100万人に1人の大病とかもごく自然になりそうなのでチョッピリ怖いですね。

でもこれからはこの100万人に1人の特徴をネタに新しい交友関係を開いていきたいです!(初対面で急に「俺、100万人に1人なんだぜぇ」って言ったら嫌われちゃうかなぁ)

 

猫耳が欲しい方はこちら

 

 

 

 

猫耳がかわいいとかいう風潮・・・

 - 自分語り ,